子猫が欲しい・・・

最近、近くのペットショップで子猫を触らせていただいたのですが、
あの感触が忘れられません(*^_^*)
小さくて、ふわふわで私の顔を見ては、「みゃーみゃー」一生懸命鳴くんです。(〃ω〃)

それからというもの、どこかに猫ちゃんがいないかな~って探しています。

実は、事故で愛猫を亡くしてからそれほど時間が経っていません。
突然の悲しみでペットロス症候群になってしまいそうでした。
子供達の悲しみも凄く大きくて、
でもそれ以上に私はまるで子供をなくてしまったかのような悲しみに襲われ、
毎日泣いてばかりでした。

そんな私の悲しい顏をみるのがつらくなったのか、
子供たちは、一切愛猫の話を私の前ではしなくなってしまいました。。。
私に気を遣ってくれていたのだと思います。

そしてある日、ノートに「どうして死んでしまったの?
「ずっと忘れない!大好きだったよ。」
うちの家族のことも忘れないで」という逝ってしまった猫へのメッセージを見つけました。

やっぱり悲しみをこらえて、私に見つからないように心の中に気持ちを抑えていたんだと思い、
また涙がこぼれてしまいました。もう泣かないって決めたのにね。
母親失格だなって思います。。・゚・(*ノД`*)・゚・。

それからは、子供の前では絶対に泣かないって決めてきたけど、
昼間一緒にいた猫の気持ちの良さそうな寝顔を思い出しては、
心を痛めていました。

もうペットショップにも行けないってずっと思っていたのですが、
先日、こどもがペットショップに行こうって誘ってくれたんです。
そこで子猫にであって抱かせてもらい、あの柔らかくて暖かい感触にふれて
猫をもう1度飼ってみたくなりました。

ブリーダーさんのサイトにお問い合わせしてみたのですが、
思わず私のこんないきさつを話した時に、
「人間が動物よりも長生きするのは、
その分また新しい子を幸せにしてあげる機会を与えられたのだ」という
言葉をくれた方がいました。

この時、本当に心がフッと軽くなり、
胸の重りが外れたのだと思います。

もう1回家族を迎えてみよう。
亡くなった子への愛情が消えたわけではないし、
忘れることも一生ないと思いますが、
「まま、ネコ飼いたい」と言う子供の気持も落ち着きを感じ始めたので、
少しずつ新しい家族を迎える準備をはじめてみようと思います。

どこかに縁がある子がいると信じて、
運命の出会いをもう1度待ちたいと思います。

またあの子の生まれまわりに出会えたらいいのにな~。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>